ヒップスターゲート

3分で読める人材教育の話

ギフテッド教育が優秀な人材の創出させる!?

2022.02.28

ギフテッド教育とは、生まれつき特別な才能や飛び抜けた能力を持って生まれた子どもたちに向けた教育のことです。ギフテッド教育の最進国はアメリカといわれており、様々な教育体制がありますが、日本では制度が整っておらずギフテッド(特別な才能を持って生まれた子ども)への理解が乏しいです。

しかし、子ども一人ひとりの才能に合わせた学習環境を与えることができると、才能を惜しみなく発揮、さらには磨くことが出来優秀な人材への成長に繋がります。

日本では特に超高齢化社会ということもあり、常に若手の人で不足が問題となっています。今回は少しでも多くの優秀な人材を育てるためのギフテッド教育を紹介します。

ギフテッドの定義

ギフテッドとは「全般的または特定の分野で高い能力を発揮する子ども」と定義されています。生まれつき特別な才能やと飛び抜けた能力をもっている子どもというと、何でもできる天才を思い浮かべるかもしれません。

しかし、世界一の天才と言われたアインシュタインもADHD(注意欠如・多動性障害)だった可能性が高いとされているように、どこかとびぬけた才能や能力を持っている人は、別の分野が欠如していることが多いのです。

ギフテッドの現状

どこか特定の分野でととびぬけた才能のある人は、別のどこかの分野で欠如していることが多々あると先ほど説明しました。そのため、欠如している部分に先に目が行ってしまい、能力が発揮できない子どもが実はたくさんいるのです。さらには、周りの理解を得られず、自分の能力を隠すようになる子や不登校になる子どもも少なくありません。

特に日本では、ギフテッドへの理解が低いことから、対応できる教師も少ないです。また教育制度も一人一人の学習ペースではなく、クラスの学習ペースに合わせなければなりません。そのため、通常のクラスでは浮いてしまうことが多々あるのが現状です。

生まれ持った才能を発揮させて優秀な人材に成長するために、それぞれのギフテッドに合った学習環境を用意することが重要となります。

海外の取り組み

ギフテッド教育の最進国であるアメリカでは、ギフテッド教育を公立校や私立校で受けることが出来ます。

ギフテッド教育はエリート教育とは違い、それぞれが生まれ持った才能を最大限に伸ばすことを目的としています。そのため学習項目は「感情的知性、創造性、芸術性、知的好奇心、探求心、リーダーシップ、特定の学問」など、才能を開花させるために様々な項目が用意されています。

日本のギフテッド教育

日本はまだまだギフテッドに理解が少ないです。しかし、一部の地方自治体や民間企業ではギフテッド教育に力を入れていく動きを見せ始めています。

渋谷区では20179月に日本で初めてギフテッド教育に対する取り組みが行われました。東京大学先端科学技術研究センターと一緒にプログラムを開発、「人とは違う」を「チカラに変える」といキャッチフレーズと共に実施がされました。

また、ソフトバンクグループ株式会社の孫正義会長は、高い志と異能を持つ若者が才能を開花できる環境を提供し、未来を創る塵埃を支援することを目的とした孫正義育英財団を設立しました。

この様に日本は国の体制ではギフテッド教育の制度は整ってはいませんが、少しずつギフテッドへ理解を深め彼らに合った教育を与えられる環境を作ろうという活動は出てきています。

まとめ

ギフテッドはとびぬけた才能がある分、欠如している点もあります。そのため年が小さければ小さいほど欠如している部分に目が行き、才能に気づいてもらえないことが多々あります。

しかし、才能のある人を育てることは優秀な人材への創出につながります。企業にとって、優秀な人材が多いことは会社の成長に繋がり、結果国の利益にも繋がるのです。

これからはギフテッドが才能を開花させ、発揮できるような教育づくりが重要となりそうです。

お気軽にお問い合わせください!月-金/9:00-18:00

お電話でのお問い合わせ 0354650506 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム