チームとリーダーの
インクルージョンレベル
可視化する

心理的安全性が重要なのは理解しており、管理職に研修を実施しているが、実際に職場で実践されているかわからない
社員のエンゲージメントを向上したいが、具体的なアクション
まで現場に落とし込めていない
アンコンシャス・バイアスのEラーニングを展開したが、現場に
良い変化
が見えてこない
ダイバーシティ&インクルージョンを推進し新しい価値を生み出したいが、そのプロセスが明確でなく、どのように進めたら良いかわからない
なかなかハラスメント体質から脱却できず根深い、具体的な打ち手に
着手できていない
これらのお悩みは、
Divearth(ダイバース)
全て解決できます

Solution

Divearth(ダイバース)
の解決プロセス

状況の定量化と
アクションに必要な情報提供

4つの主な診断項目

  • 多様性を支える職場環境
  • 脱・男らしさを競う文化
  • 脱・有害なリーダーシップ
  • 脱・多様性ギャップ
お客様

インクルージョンの
推進サイクルを回す

  • 01.結果のチェック
  • 02.振り返りと対話
  • 03.改善アクション
Divearth(ダイバース)とは、
組織のダイバーシティ・エクイティ&インクルージョンを推進するために、
チームとリーダーの

インクルージョンレベルを
可視化する診断ツール

です

スタンダードコース

リーダーを診断する

成果物
インクルーシブ・リーダーシップ診断
対象
リーダー(管理職)

リーダー(管理職)のインクルーシブ・リーダーシップの発揮度を診断し成長に活かす。

エンタープライズコース

チームを診断する

成果物
職場インクルージョン診断
インクルーシブ・リーダーシップ診断
対象
職場メンバーとリーダー(管理職)

チーム(職場)のインクルージョンの浸透度を可視化し改善に活かす。

Feature

Divearth(ダイバース)
3つの魅力

01

東京大学 星加教授
共同開発責任者

三井物産人材開発株式会社様と東京大学様との共同研究による知見を基盤とし、東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター(責任教員:星加教授)とヒップスターゲートが追加調査・開発を行ったDE&I診断ツール。

02

日本企業特有の
組織風土・文化に着目

欧米のインクルージョン研究結果に加えて、日本企業に特有な組織風土・文化の傾向・特質を組み込み診断項目を開発。

03

豊富な
活用支援

診断後、各企業様の現状と課題に合わせて改善ノウハウや事例を提供。また、診断対象者へトレーニングメニューをご用意しインクルージョンの浸透を支援。

東京大学 星加教授 共同開発責任者

東京大学 大学院 教育学研究科附属
バリアフリー教育開発研究センター 教授

星加 良司(ほしか・りょうじ)

社会環境・経済環境の変化の大きい時代におけるビジネス組織の経営課題として、ダイバーシティ(多様性)を取り込み、育むことに加え、インクルージョン(包摂性)やエクイティ(公平性)を確保し、高めることの重要性が増しています。また、そうした組織変革を駆動する鍵として、多様なメンバーの個性や能力、視点が活かされ、それらの化学反応を通じて新しい価値が生み出される土壌を形成するための、新時代のリーダーシップモデルが求められています。 中でも、私たちの研究室では、「インクルーシブ・リーダーシップ」の考え方に着目し、三井物産人材開発株式会社との共同プロジェクトにより研究を進めてきました。

インクルーシブ・リーダーシップとは、旧来のトップダウン型のリーダーシップ、リーダー個人の資質やパーソナリティに依存したリーダーシップに代わり、リーダーとチームメンバーとの関係性を重視し、チームの力を十全に引き出す新しいリーダーシップのモデルとして、近年注目を集めています。また、私たちの共同研究の成果によって、欧米企業のケーススタディに基づく従来の知見とは異なり、場の論理や「空気」による支配力が強い日本の組織文化に特徴的な要素が明らかになってきたほか、そうした環境下でより有効に機能するリーダーシップのモデル構築が進んでいます。

これらの知見を基盤として、このたび株式会社ヒップスターゲートとの共同開発により、インクルーシブ・リーダーシップに関する簡便な組織診断を行うための測定ツールを開発しました。この診断ツールが活用されることで、組織やリーダーシップに関する現状の課題を適確に可視化し、インクルーシブな組織形成に向けた取組を進めるための一助となることを願っています。

Flow

ご利用の流れ