オンライン研修

ほっと息抜きコラム

ストーリー(物語)は人を動かす

2020.09.15

映画、ドラマ、小説、音楽、ビジネス。
ヒット商品には必ずそこにストーリーがあります。
なぜこうもストーリーには人を惹きつける魅力があるのでしょうか。

夢中にさせるストーリーには共通点があります。
それは「はじまり・なかば・おわり」の三部で構成されていることです。
料理でいうなら、「前菜・メインディッシュ・デザート」といったところでしょうか。

この構造は単純だけど分かりやすいですね。
逆にバラバラで事実や情報を都合よく繋ぎあわせただけの継ぎはぎだらけのストーリーはつまらないものです。
時間を忘れて没入してしまうものの背景には、必ずといっていいほどストーリーが存在しています。

あなたがどうしても人を動かしたいという場面では、メッセージをストーリーに載せて伝えると効果的でしょう。

ストーリーが持つ力

ストーリーを活用することで次のようなメリットが得られます。

相手の記憶に残せる

例えばビジネスにおいて、あなたが商品やサービスを売る営業パーソンだとしたら、
自社や商品のことを顧客の記憶に残せるかどうかはとても重要なポイントです。

お客さんは普段の仕事で何件もの商談やプレゼンを受けており、
それ以外にも広告などで常に営業されているような状態です。
そんな中であなたが普通に商品・サービスを説明しても記憶には残らないでしょう。

そこで発信するメッセージを理解してもらったうえで、なおかつ相手の頭にこびつくのがストーリーなのです。
単調に商品の特長を伝えるのではなく、それによって相手がどのようなワクワクした未来を
手にすることができるのかを伝えることが、相手の心を揺さぶるのに必要不可欠なのです。

あなたのファンになってもらえる

ストーリーのなかでも重要な鍵を握るのが"共感"です。
どんなにストーリー構成が秀逸でも主人公の想いや行動に共感できなければ感動は生まれず、人はついてきません。

例えばドラゴンボールで孫悟空が地球人を皆殺しにして、
宇宙を征服していくストーリーだったら誰も悟空を応援しようとは思わないですよね。
悪役がいて、その野望を阻止するために仲間と共に立ち向かう姿が共感を呼ぶわけです。
共感の先にあるのが応援、つまりファンになるということです。

自分自身もまるでヒーローと一緒になって物語を描けているという感覚持つことが重要な要素であり、
現代ビジネスではファンマーケティングが最も重要な戦略の一つとされています。
もはや優れた商品・サービスのプロダクトだけで人の購買意欲を刺激することはできなくなっており、
いかに背景にあるストーリー(なぜそのプロダクトが生まれたのか、どんな想いが込められているのか等)を
上手に伝えられるかどうかが差別化の大きな要因となるのです。

さぁ、ストーリーを語ろう

ストーリーは人を魅了するが故に、巨大な影響力を持ちます。
自在に使いこなせるようになれば、新たなビジネスや産業を作っていくことも出来るでしょう。
人生を変えるストーリーテリングは一朝一夕で身に付くものではないので、普段から意識的にストーリーに触れる機会を創ることが大切です。
ドラマや映画、小説などで様々なストーリーをインプットした後は、実際にアウトプットをしていきます。

アウトプットのはじめの一歩は自己紹介が良いのではないでしょうか。
これまでの過去の記憶を引き出し、現在までのストーリーを語ることは誰でも出来ます。
さらに、あなた自身の人生を振り返り、これからの未来を描くための手助けになるはずです。

お気軽にお問い合わせください!月-金/9:00-18:00

お電話でのお問い合わせ 0357784014 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム