ヒップスターゲート

3分で読める人材教育の話

最強なチームとは、メンバー全員がリーダーシップを発揮しているチーム!

2022.04.18

 近年、働き方の多様化や顧客ニーズの複雑化から企業が成功するためには、トップが率先してチームをけん引していくこれまでのカリスマ型リーダーシップでは対応しきれないと言われています。今回は、企業が成功するために必要なシェアド・リーダーシップとその力を発揮するために必要な環境づくりについて説明をします。

昨今のビジネス環境

近年、IT技術の急成長や新型コロナウイルスの感染拡大など、私たちを取り巻く環境は日々急速に変化をしています。変化が多い中で成功するためには、ビジネス環境の多様化に柔軟に対応する必要があります。

また、これまで企業が成功するためには利潤を追求し成果を出すことが求められていました。しかし、昨今では既存のビジネス領域が飽和状態となり、社会問題を解決する領域にビジネスチャンスがあると考えられています。

そのため、今後企業が成功するためには社会問題に目を向けていくことが必要となります。

ビジネス環境の変化による求められるリーダー像の変化

これまで、企業は成功するために利潤を追求してきました。そのため求められるリーダー像は、数値目標を明確にし、先頭に立ちメンバーを先導するカリスマ的なリーダー像が求められていました。

しかし、これからは変化の激しい時代だからこそ、イノベーションを継続して生み出すためにメンバー全員がリーダーシップを発揮すること、すなわちシェアド・リーダーシップが求められているのです

シェアド・リーダーシップとは

シェアド・リーダーシップとは、メンバー全員がリーダーシップを発揮している状態のことです。
積極的に周囲に働きかけ、多様なメンバーと協働し、チームとしての成果を出すことができることが求められます。

これまでリーダーは率先してチームをけん引することが求められていました。しかしシェアド・リーダーシップでは、メンバーの一人ひとりが周囲の状況を確認し、困っている人がいれば積極的にサポートをするなど、協働意識を持って主体的に行動することが求められています。

シェアド・リーダーシップを発揮するために

ビジョン・目的の共有

チーム全員がリーダーシップを発揮するためには、メンバー全員が主体性を持つことが重要となります。
その主体性を持つために、ビジョン・目的を共有し目指すべき方向性を明確にすることが必要となります。

そうすることで、協働意識が生まれチーム全体で統一感を持って業務に取り組むことができます。また、協働意識を持つことは、失敗を恐れずに挑戦するマインドに繋がるため、日々ビジョンや目的を共有し協働意識を培ようにしましょう。 

コミュニケーションを積極的にとる

コミュニケーションを積極的にとり、自身強みや弱みを共有し合うことで、お互いの苦手な部分をカバーすることができます。そうすることで業務の生産性向上につながり、チームにとって最善な状態を作ることができます。

まとめ

シェアド・リーダーシップ、すなわちチームメンバーの一人ひとりがリーダーシップを発揮できている状態の組織であることは、変化の激しいVUCA時代で生き抜いていくために必要な能力です。

各々がリーダーシップを持った組織は自律性が高く、変化対応力に長けているため、どのような環境下でも適切に状況を判断し、柔軟に対応することが可能です。

 

お気軽にお問い合わせください!月-金/9:00-18:00

お電話でのお問い合わせ 0354650506 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム