ヒップスターゲート

3分で読める人材教育の話

VUCA時代を生き抜くために、新規事業を実現する思考技術の鍛え方

2021.12.24

現在、私たちを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。VUCA時代と呼ぶに相応しく、社会経済環境は予測困難な状態が続いています。

そんな中でも、新たな事業に挑戦したいと考える方は少なくありません。新規事業を実現するために必要な思考技術とは、どのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

そもそもVUCA時代とは?

VUCA時代とは、現代社会の経済環境が日々変化し、予測困難な時代であることを指します。Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字からなっており、ビジネスの場面に限らず利用される言葉です。

現在様々な業界や分野でDX化が進んでおり、社会的に変動性が大きく高まっています。また、新型コロナウイルス感染症拡大のような想定外の出来事により、変動制を高めていく企業は少なくありません。

また、様々な企業のグローバル化が進み、他国の企業やサービスを容易に利用できるようになっています。しかし、文化や環境が異なるため、ビジネスに対する複雑性が高くなっているのです。さらに時代が著しく変化するため、正解が見つからないまま時代が進んでいってしまいます。このような状況をVUCA時代と呼び、ビジネスを推進する上で意識するべき内容として広く認知されています。

VUCA時代と新規事業

そもそも実現を目指すことが大変だとされている新規事業ですが、VUCA時代の影響を強く受け、さらに実現が難しくなっています。このような困難な時代に、新規事業を実現するためにはどのような思考技術が重要となるのでしょうか。

PDCAを意識しすぎない

これまでの新規事業は、PDCAを意識した思考が求められていました。常に仮説を立て、その仮説を検証し、その上で振り返りや次のアクションを立てていたかと思います。しかしVUCA時代において、PDCAを意識しすぎるのは危険です。

PDCAを守った思考に立つと、ひとつひとつの段階を丁寧に超えていく必要があります。しかし、VUCA時代においては、時代の変動性が非常に高くなっています。そのため、せっかく練り上げた仮説が完成する頃には、検証が必要なくなるほどに状況が変動している場合もあるでしょう。

先んじて無駄だと分かる工程に固執せず、どんどん次を見据えた思考を行うことが大切です。

複数の仮説を同時に検証する

VUCA時代において、検証するべき仮説はひとつではありません。以前の感覚と比較すると、練り切っていない仮説であっても、少しでも勝算があればまずは検証してみましょう。そのため、思考としては常に新しい仮説を生み出し続けることにシフトしていくのが重要です。

足や手をじっくり止めた仮説検証ではなく、同時並行で複数の仮説を検証することで、新規事業を実現できそうな要素をうまくピックアップしていきましょう。その積み重ねによって、新たな新規事業実現の可能性につなげることができます。

方向性はぶらさない

様々な内容を検証し始めると、あらゆる方向の仮説に手を出したくなるかもしれません。しかし、その思考は危険です。仮説検証の前にじっくり頭を使うとしたら、方向性を定めることに頭を使いましょう。

どの方向性で行くのかという思考を定めること、さらには筋がよさそうな方向を見つけることは、思考を行う上での技術です。積極的に取り入れていきましょう。

過去の価値観に縛られない

新型コロナウイルス感染症の影響で、私たちの生活は大きく変化しました。数年前に、このような変化を細かく想像できた人はどれほどいたでしょうか。今後新規事業を実現していく上で、過去の価値観に縛られないことが重要です。

リモートワーク拡大により、必要あれば生活は大きく変化することが分かりました。したがって、現在の提供手段にとらわれず、新たな視野で最適解を見つけていくことが重要です。

現在利用している手段は全て、今ある手段から見つけた最適解です。VUCA時代がこのまま続いていくことを見据えて、過去の価値観、言い換えれば既存サービスにとらわれない斬新な思考が必要です。

VUCA時代の新規事業実現のために

VUCA時代の新規事業実現のためには、VUCAをポジティブにとらえ、社会やサービスなどを広い視野で捉えていくことが大切です。変化が起こりやすい時代ということは、これまでとは異なるチャンスが生まれやすいと言えます。VUCA時代を追い風として、新規事業を実現させていきましょう。

 

お気軽にお問い合わせください!月-金/9:00-18:00

お電話でのお問い合わせ 0354650506 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム