ヒップスターゲート

セミナーログ

人材多様化時代に活きる管理職像とチーム戦略 ~男性育休を起爆剤に~

2021.09.28

国内外を問わず、今や重要な経営戦略の一つであるD&I。ヒップスターゲート&グローシップは、D&I支援に知見の深い有識者の方々、取り組みを進めている企業のD&Iご担当者をゲストに迎え、2021年7月に『波に乗れ!事例満載のダイバーシティ3大無料セミナー』を開催いたしました。本記事は、第1回セミナーより、男性の育休取得を促進する職場づくりについてまとめたものです。皆さまのD&I施策のお役に立てば幸いです。

セミナー名

「人材多様化時代に活きる管理職像とチーム戦略~男性育休を起爆剤に~」

セミナーの目的

令和3年6月に育児・介護休業法が改正され、男性の育休取得を促進する職場づくりが急務となった。当セミナーは人事・ダイバーシティご担当者に向け、その打ち手をお伝えするために開催する。

セミナーの内容

#今、ニッポンで期待されている次世代上司像とそのマネジメントとは

1.男性の育休取得希望者が増加した時代背景

①子育て環境に男女差を生まないための法整備は昭和から令和にかけて順に進んだ
②①を含む社会通念の変遷を背景に、男性育休取得に対する考え方は世代によって異なる
③管理職世代の価値観アップデートが早急に求められる
・令和時代…法整備を含め当たり前の事として認識している
・子育て世代(30代、40代)…法整備が進むなかで教育を受けている
・管理職世代(50代、60代)…男女雇用機会均等法導入の頃に社会に出ている

2.男性が育休制度を利用しやすい条件

①男性が育休制度を利用するには会社による積極的な介入が必要
②事例紹介
〈積水ハウス株式会社〉イクメン休業制度…男性社員の1か月育休制度。100%達成継続中
〈国家公務員〉2020年4月より男性育休1か月取得を推進

3.育児介護休業法の改正

2021年6月に育児・介護休業法が改正された
・男性の育休取得促進のため、分割取得や2週間前申請など柔軟な枠組みを創設
・企業に対して妊娠・出産の申出をした社員に個別の周知・意向確認が義務化
・労使の合意があれば休業中の就業も認められる

4.企業の改正育児・介護休業法対応策と育休促進施策

2021年6月に育児・介護休業法が改正された
①女性のための制度というアンコンシャスバイアスの是正
②育休中の就業ルール整備(労使協定の締結、上限日数、時間数等)
③当人の昇進・昇格への影響の是正、管理職の出生時育休対象者把握や取得勧奨の評価

5.なぜ出生時育休が新設されたのか

2021年6月に育児・介護休業法が改正された
①産後ケアをサポートし、母親の心と身体の早期回復を図るため
②第1子出生時の男性の育児時間が第2子出生率に影響する。しかし現時点で6歳未満の子どもを持つ夫の7割は育児も家事もしていない。父親にとって産後の育児経験が重要

6.日本の職場で取り組むこと

2021年6月に育児・介護休業法が改正された
①結婚、出産、子育てを理由とした不本意な退職がない環境の整備・改善
②男性育休取得がされず女性の容易な退職を助長する、重要業務の男性への偏りを是正
③働き方の多様性を受容する職場づくりと、それを担うマネジメント層(イクボス)の育成

塚越 学(つかごし・まなぶ)

東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部チーフコンサルタント。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。イクボスプロジェクト・コアメンバー。男女共同参画・働き方改革・管理職改革に関する講演・ワークショップ・コンサルティングで数多くの実績。「育児&介護を乗り切るダイバーシティ・マネジメント イクボスの教科書」「男性育休義務化の基礎知識 男性育休の教科書」(いずれも日経BP)監修などメディア掲載・出演多数。

アーカイブ配信の申込

本記事内容についてもっと詳しく知りたい人の為に、セミナー動画のアーカイブを配信しておりますので、お気軽にお申し込みください。(同業の方はお断りいたします。)

・視聴期間:申込日から30日間
・視聴方法:申込日より3営業日以内に担当者からメールでご連絡いたします。
・視聴制限:視聴期間中は、いつでも・何度でも繰り返しご覧いただけます



お気軽にお問い合わせください!月-金/9:00-18:00

お電話でのお問い合わせ 0354650506 メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム