ビジネスゲームで人材育成・研修するならヒップスターゲート

エンタメ・小説

身近な雑学や豆知識を楽しむ

「急がば回れ」の応用で素敵な上司に変身する

4月は新人が入社してきたり、組織変更や人事異動が行われるシーズンですね。

気持ちも新たに、新たな職場や立場(役割)で頑張るぞ!と気合いが入ります。
異動や昇格は、これまでの自分にサヨナラして、新たな自分を周囲に印象付ける絶好のチャンスでもあります。

今回は、新たな職場で「素敵な上司」として歓迎されるためのコツをお伝えいたします。

組織で仕事をしている人にとって、人事異動は一大イベントですよね。
枕草子にも、「除目に司得ぬ人」という。人事発表にまつわる人間模様を描いたところがあるくらい、本人にとっても、周囲にとっても、人生の大きな節目にあたります。

人間、新しい立場になったからと言って、そう簡単に変化できるものでは無いことは、経験者であればご存知だと思います。
でも、周囲の人は、新しい立場になったことで、そのポジションや役割に応じた言動を即刻期待するものです。
そして、意識するにしろ、無意識にしろ、ついつい前任者と比較されてしまうのが常です。
この比較によって生じるギャップが、昇進うつや五月病を引き起こす原因になります。

昇格したポジションで、どのように振舞えばいいのか?
新しい職場で、部下たちにどのように接すればいいのか?
ここでは、視点を「自分」から「相手」「部下」に変えてみることで、うまくいくこともあるのです。

私はパナソニック勤務時代に、それまで25年間過ごした事業部の経理部門から、本社の調達部門に異動しました。
事業部と本社では、仕事の進め方が全く違いますし、経理と調達も全然違います。
これまでの専門スキルが発揮できない場面で、いきなり大きな影響力を発揮することを期待されたのです。

このような状況下において、私は「自分が職場に慣れるまでは、部下が持ち味を発揮しやすい環境を整えることに専念しよう」と考え、赴任2日目に部下全員(派遣社員含む)と1時間ずつ面談しました。

面談の進め方としては、先ず、私の自己紹介。そして、部下の自己紹介。
そして、部下が担当している仕事を聞き出し、課題だと思うこと、難しいと思うところの意見を聞きます。ここまでは、おそらく多くの人も同じように行っていることでしょう。

その後「あなたは、どのように扱ってほしいですか?」と尋ねました。
趣旨としては、部下自身に、自分の得意な仕事の進め方と、上司(私)のフォロー方法を尋ねたのです。

最初は戸惑いを隠せない部下たちも、私の真意に気が付いたのか、次第に様々な表現を使って語り始めました。
「仕事に自信を持っていて、自由に仕事を進めたい。だから必要な指示以外は任せてほしい」
「いつも不安に思っています。だから、毎朝と帰るときに仕事の進捗を確認して欲しい」
このように、各々の持ち味が、具体的に浮かび上がってくるのです。

面談を通じて、部下への接し方を把握することができた私は、「物わかりの良い上司」だという評判を獲得することができました。もちろん、その後は部下を観察しながら接し方を修正していきましたが、
最初に受けた好印象は、私が退職するまでの3年間ずっと続いたのです。
そして、私の意見や考えについて、素直に受容して頂ける強固な関係性にまで発展したのです。

上司であれば、自分の仕事の進め方やスタイルを、部下に押し付けることが職権上は許されています。
でも、新しい職場や昇進したばかりで、押しつけたりするとどうなるか?
「偉そうだ!」「上から目線だ!」などという、予想外の反発を食らうリスクがあります。
自分に自信があるタイプほど、こうした思考に陥りがちです。

相手も様子をうかがっているスタート時期は、まずは自分のスタイルを封印して、
相手の持ち味を発揮させることに専念する。
仕事の状況や人物像が把握できてから、自分のやりかたを徐々に伝えていく。
「急がば回れ」の応用です。

上司とは、部下の能力・才能を発揮してもらうことで、組織としての成果を最大化するのが、もっとも重要な役割です。
自分より、相手や部下を尊重することで、得られるものは大きいです。

この1週間の過ごし方で、あなたへの在任中の評価が大きく左右します。
ここは、慎重に事を運んでみたらいかがでしょうか?

 

高島 徹
Editor
株式会社決断力 代表取締役・決断力プロデューサー
高島徹(たかしま・とおる)
高島徹(たかしま・とおる) プロフィール >
人材教育・研修お役立ち資料無料ダウンロード
スキルをステップアップさせるセミナー情報

PAGE TOP