ビジネスゲームで人材育成・研修するならヒップスターゲート

教育・研修

人材教育・研修についてのイロハを知る

店長の仕事 ~スタッフが気軽に質問しやすい環境を整える~

図2
Sorbis / Shutterstock.com (※写真と記事内容は一切関係ありません)

 

先日、とある店舗規模の小さなファーストフード店に入店した際の話です。

颯爽とレジに向かうと、明らかに緊張されている新人らしきスタッフが目の前にいました。

私は、スマートフォンで◯◯店のアプリを起動させ、割引サービスを受けようと、

「クーポンでお願いします!」

とスタッフに伝えると、慌てた様子でレジのあちこちを叩き始めたのです、、、。

その様子に見かねた店長らしきスタッフさんがやってきて、

(店長らしきスタッフ):「分からなかったらすぐに質問してね?ここをこうすれば完了です。」
(新人らしきスタッフ):「はい。ありがとうございます!」

どうやらスタッフは、1度教わったレジ操作を忘れてしまっていたようです。

採用されて間もないスタッフは、当たり前ですが右も左も分かりません。
また、緊張も相まって、一度の指導だけでは、すぐに忘れてしまいます。

「一度しか教えませんよ。」
世の中には、このような指導方針も確かに存在しますが、一度の指導によってできる人は稀です。

ましてや、スタッフは一度指導してもらったことを上司先輩に再度質問しにくいのです。
なぜならば、”再度質問すると怒られるかもしれない”と警戒しているからです。

しかし、1日でも早く仕事を覚え、活躍してもらう事を最優先するならば、

”いつでも、どこでも、なんどでも気軽に質問しやすい環境を整え、早く仕事を習得してもらう”
事が何よりも重要です。

スタッフの早期自立によって、上司先輩は更に上のステージの仕事に集中(挑戦)できるようになり、
結果として、店舗の総合力がグンと高まるのです。

 

佐々木康仁
Editor
株式会社CNCコンサルティング 代表取締役/売上アップコンサルタント・セミナー講師
佐々木康仁(ささき・やすじ)
佐々木康仁(ささき・やすじ) プロフィール >
人材教育・研修お役立ち資料無料ダウンロード
スキルをステップアップさせるセミナー情報

PAGE TOP