ビジネスゲームで人材育成・研修するならヒップスターゲート

教育・研修

人材教育・研修についてのイロハを知る

店長の仕事 ~スタッフに「モップをかけて」と指示しても、床がキレイにならない理由とは?~

shutterstock_137482385

お店オープン前に床が汚れていたら、あなた(店長)はスタッフへ指示するでしょう。

「モップをかけて」

指示を受けたスタッフは、指示通りにモップをかけます。

モップをかける目的は、床の汚れを落としてきれいにする事です。
でも、、、「モップをかけて」だけでは床はキレイにならない。

何故でしょう?

指示を受けたスタッフは言われたとおりの「モップをかける」ことしかやらないからなんですね。
つまり「モップをかける事」と「床をきれいにする事」は別物なんです。

もうお分かりだと思いますが、”言葉が足りない”のです。
スタッフは全く悪くない、悪いのは曖昧な指示をしたあなた(店長)なのです。

ビジネスにおいて以心伝心などあり得ません。
あなた(店長)が指示の目的(真意)を伝えていないのに
スタッフが実行できるはずがありません。

床が汚れている事実(状況)をスタッフとその場で確認し、
お客様に快適な空間を提供する重要性を理解させたうえで
「モップをかけて、床をキレイにして」
と指示して、初めてスタッフは実行できるのです。

また、ここで忘れてならないポイントが
モップがけの成果を評価・フィードバックする事です。
(合格・不合格とその理由を具体的に)

指示者として、スタッフの仕事ぶりに興味関心を持っているといった姿勢を示し、
時には、「こんな風にポップをかけると汚れが落ちやすくなるよ!」など
率先してあなた(店長)が手本になることが重要です。

ご参考までに、第26・27代連合艦隊司令長官 山本五十六は
「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」って
名言を残されています。

あなた(お店)はできていますか?

佐々木康仁
Editor
株式会社CNCコンサルティング 代表取締役/売上アップコンサルタント・セミナー講師
佐々木康仁(ささき・やすじ)
佐々木康仁(ささき・やすじ) プロフィール >
人材教育・研修お役立ち資料無料ダウンロード
スキルをステップアップさせるセミナー情報

PAGE TOP