企業内集合研修の講師派遣・内製化支援ならヒップスターゲート

HRD用語集

人材教育・研修に関する専門用語を知る

嗚呼、研修用語に日々想う【カ行:ゲーミフィケーション】

【カ行:ゲーミフィケ―ション】
商業分野の言葉で、ユーザーの獲得や顧客ロイヤリティを高めることを目的に、ゲームの仕組みをゲーム以外の分野で利用すること。教育市場では、学習や課題解決を目的に、ゲームの特性(競争、収集、遊びなど)を生かしたプログラムが開発されている。

駅のホームで「歩きスマホ」に注意を呼びかけるアナウンスが聞かれますが、
ポケモンGoのリリースで、その声は一際大きくなっています。
電車内でも何やらモンスターをGet中の乗客をみかけますね。
ポケモンは誰もが知っていたので、今回のゲーム人気は予想の範囲内でした。

しかし、人気キャラクターに関わりなく、ゲームそのものに嵌ることは少なくありません。
ではなぜ、ゲームは人を引き付けるのでしょうか。

利用者の「競争心や自己効力感を刺激し、動機づけ」をする。
これが、ゲームに嵌る理由であり、ゲームメカニクス、平たく言えば「ゲーム性」です。
ゲームデザイナーは、ゲームメカニクスを効果的に構築するために、
技術を駆使し、知恵を働かせるのですね。
ここで、アレ?と思うのは、
競争心や自己効力感は、日頃の生活や仕事でも感じることができるということです。
決してゲームの中だけの感覚ではありません。

ファミコン、スマホと新しいゲーム機器の登場のたびに、
夢中になる子供達をどうしたものか、という議論がおこります。
そのとき、必ず悪者にされるのがゲーム側ですが、
その理由の1つに、子供達を没入させる心理が、
勉強や友情でも味わえるということにあるのではないでしょうか。
つまり、ゲームではなく現実の世界で体感してほしい、と。

しかし、ゲームは非日常のようでいて、まったく別軸に存在しているのではありません。
加えて、嵌る理由、ゲームメカニクスのなんと人間的なことか。

今更、世の中からゲーム(ゲーム機器)を無くすことはできませんね。
ゲームを悪者にするのではなく、その共生を受け入れた方が現実的だと感じます。
ゲーミフィケーションとしての可能性もまだまだ大きい。
私たち研修業界も受講者が能動的に研修に参加できるよう、
新しい手法を勉強していくべきなのでしょう。

 

渡辺留美子
Editor
株式会社ヒップスターゲート 経営企画チーム
渡辺留美子(わたなべ・るみこ)
渡辺留美子(わたなべ・るみこ) プロフィール >
人材教育・研修お役立ち資料無料ダウンロード
スキルをステップアップさせるセミナー情報

PAGE TOP