企業内集合研修の講師派遣・内製化支援ならヒップスターゲート

エンタメ・小説

身近な雑学や豆知識を楽しむ

直接民主制の限界を見た2016年

日本人は、「直接民主制」と言うと、良いイメージやあこがれを持つ方が多いと思います。
国家元首や首相を直接選ぶことができることは、素晴らしい!
ほんとうにそうなの?と思えることが、今年はあまりにも多すぎました。

イギリスでは、EU離脱のコストの多さと影響の広がりに動揺が走りました。
イタリアでは長期低迷の原因を、政治制度ではなく、
移民の増加やEUの縛り付けに求める「五つ星運動」が勢力を伸ばしました。
コロンビアでは、左翼ゲリラとの50年にわたる内戦すら、ゲリラに甘いと合意を否決しました。

ドゥテルテ大統領やトランプ大統領候補の過激な発言は、先進国に暮らす多くの人々の眉をひそめさせました。
でも熱烈な支持者にとっては、彼らはヒーローであり、
困難な状況を打ち破る英雄として国家のかじ取りを任されました。

みんな日常生活で忙しいのが、現代社会。
将来のこと、専門外のことは、避けたいとついつい思います。
しかも、様々な事情が絡み合って、複雑な問題が多いうえに、
私たちは、面倒なことを本能的に避ける傾向があります。
その結果、理屈で考えたらわかりそうなことまで、感情で決めてしまいます。

これからロシアとの間で、北方領土変換、日露平和条約締結に向けた会談が行われます。
日本人としては、「北方領土の4島一括即時無条件返還」が悲願ではありますが、
ロシアにも事情があり、日本の言い分をすべて受け入れてくれるとは限りません。
引き換えとなる経済協力や、2島だけの返還、更なる先延ばしなど、
Yes、Noだけで決断するには、とても複雑です。
どういう交渉結果になるにせよ、仮に国民投票にかけるとすれば、Noとなる可能性
が高いことが予想されます。

国民全員が同じ知識と理解力、影響への洞察力を持っているとは限りません。
議会制民主主義の良いところは、知識や情報をより多く持った人々が議論して決断できるところです。
一時的な感情を排す、議論や交渉のステップを踏む、より的確な情報を集めるなど、
合理的な意思決定ができる状況を、作り出すことができます。

最近は何事もわかりやすさが優先され、妙なレッテル貼りがなされることも多いです。
戦争法案、年金カット法案、カジノ法案などなど。
確かに一面の真実ではあるでしょうけれど、全体像やほかとの関連性を無視して、
切り取った一面だけを強調するのは、国民の感情をあおるだけで、冷静な判断から遠ざけてしまいます。

そこで、「3つの見る」をお勧めしたいと思います。

●結果だけを見ずに、プロセスも見る。
●その問題の背景を、きちんと見る。
●その決断の影響を、できるだけ長い時間、広い範囲で見る

そして、政治家には権限を委任しつつ 監視と支援を行うのです。
大きな問題ほど、一時的な感情、近視眼的な対応をしては、事を誤ってしまうのですから。

 

高島 徹
Editor
株式会社決断力 代表取締役・決断力プロデューサー
高島徹(たかしま・とおる)
高島徹(たかしま・とおる) プロフィール >
人材教育・研修お役立ち資料無料ダウンロード
スキルをステップアップさせるセミナー情報

PAGE TOP