HIPSTER GATE

アイスブレイク集

2018.01.18

後出しジャンケンゲーム

進め方・時間・効果

【進め方】
(1)講師は受講者全員とジャンケンをします
(2)『ジャンケン ポン ポン』の声に合わせて、受講者には後出しをしてもらいます
(3)初めは講師とあいこになる手を出してもらい、数回続けます
(4)慣れてきたら、次は講師に勝つ手を出してもらうようにします
(5)最後は、講師に負ける手を出してもらいます

【時間】
 5分

【効果】
研修の初めに行うと受講者の緊張もほぐれて、講師との距離が縮まります。
さらに脳の活性化にもつながると言われており、思考力や発想力のトレーニングになります。
内定者や新入社員だけでなく、中堅層の方でも楽しく行えるオススメのゲームです。

 

ワンポイントアドバイス

上手に行うためには、講師の声掛けとテンポが大切です。
ジャンケン ポン、ポン、ポンと一定の速度で手を変えるようにしていきます。

慣れてくると、簡単に出来るようになってきますので、
アレンジを加えることで、難易度を上げることも可能です。

例えば手を変えるスピードを上げてみましょう。
スピードが上がれば上がるほど、難しくなってきます。

他には両手それぞれで違う手を出すようにします。
左手はパー、右手はグーのように違う手にするだけで、
受講者の頭をフル回転させることができます。

 

やり方は非常にシンプルで簡単ですので、ぜひ試してみてください。

お問い合わせ